アングラーのためのデニム。 DAP ランガンパンツ


先日、Facebookでちらりと紹介したブランド〝DAP FISHERMAN'S ALLS〟です。
ダップと読みます。デイリーユースでも使えるフィッシングウエアをコンセプトに、遊び心あるディテールを加えた、アメリカンカジュアルの誕生です。そう、日本を代表するデニムブランド〝児島ジーンズ〟が手掛ける新しい試みなのです。

CCF20180619_00000.jpg



先ずはカタログの表紙にもなっているランガンパンツが入荷。デニム好きな人には堪らないディテールが詰め込まれています。

DSC_4581.jpg



アパレル屋さんはどうやって商品撮影をしているのだろうか・・・。全体を撮影するスペースと技量がなくお許しください。
シンプルなストレート形状に、でっかいポケットがサイドについています。これはタックルボックスを入れるところ。もちろん財布やスマホだって入ります。

DSC_4662.jpg



20×16cmのケースなら問題なく収納できると思います。

DSC_4661.jpg



ヒップはシンプルで、堤防などに腰かけてもゴワゴワしません。

DSC_4660_201806192031471f9.jpg



動きを損なわない13ozのストレッチデニムの採用で、兎に角着心地が良いです。

CCF20180619_00001blog.jpg



サイズは、32、34、36インチの3サイズで店頭に在庫しております。もちろん、試着もでき裾上げも可能です。
今のところ、愛知県ではインザストリームのみの扱いとなりますので、是非ともお手に取ってお確かめください。今後、まだまだラインナップが増える予定です。


DAP ランガンパンツ FL-1003
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-709961.html





【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

誕生、ハングマン50S スタッグ。    エム・スリーズ工房 ハングマン50S スタッグ


トラウトのメッカ岐阜県で生まれたMスリーズ工房より驚きのミノーが発売されました。
それは、スタッグ(鹿角)貼りのミノーです。誰も疑問に思う、『泳ぐのか?』を見事にクリアしています。一点一点、スタッグの厚みを変えるなどと微妙な調整を行い、バルサに貼り付けウォブリングアクションを実現しています。

DSC_4620.jpg



天然素材のため、柄は様々です。見方によっては、カワムツやアブラハヤにも見えたり、水生昆虫にも見えます。

DSC_4622.jpg



ホログラムシールやアルミ貼りに警戒してしまった魚にも効果が高く、幾度もチェイスしてくるがヒットに至らない時、このスタッグ貼りをキャストしたら一発でヒットしたと言う話もあります。

DSC_4621.jpg



スタンダードなルアーに飽きてしまったアングラーとトラウトに、この夏、使っていただきたいです。




ハングマン50S スタッグ
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-709783.html





【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

お試しプライスです。  超まんま活イカ。


来る夏のイカパターンにいかがでしょうか。
ジグに反応しないし、トップにも出切らない青物に効果が認められているルアーです。旧タイプモデルの〝まんま活イカ〟では、能登沖、間もなく解禁する玄達瀬でも素晴らしい結果を出してくれています。

シンキングタイプは、フルキャストして適度なカウントダウンを取り、ストップ&ゴーでイカの泳ぎをイメージするリトリーブ。

DSC_3772BLOG.jpg



クリア樹脂にグローフレークが、リアル感を出してします。

DSC_3774BLOG.jpg




フローティングモデルは、ナブラ打ち用。または誘い出しでも使用できます。ダイビングペンシルに反応しない時に是非キャストして欲しい。

DSC_3766BLOG.jpg



浮力体を内蔵したクリア樹脂。エンペラ部分は透明です。

DSC_3770BLOG.jpg




これからの夏の青物はもちろん、マグロのキャスティングゲームでも活躍するルアーです。

このユニークなルアーのシリーズは、これで3代目となり、少しずつ改良されています。まだお使いになったことのない方のために、数量限定のお試しプラスです。

メーカー希望小売価格の50%OFF!!

是非、この機会にお買い求めください。



超まんま活イカ150 S 01
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-695860.html

超まんま活イカ150 S 02
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-695859.html

超まんま活イカ150 S 03
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-690121.html

超まんま活イカ130 F フローティング
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-690122.html




【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

カラーが変わりました。   ネイチャーボーイズ ポローニア


パラオをメインフィールドとして開発されたGTルアー〝ポローニア
小さく口を開いたかのようなカップで、チョッピングからのスプラッシュを上げる仕組み。マイナーチェンジを行い、カラーが大きく変わりました。同時にコーティングも厚くなりタフさがアップ。

DSC_4501.jpg



パラオやモルディブでの釣果は申し分なく、定番人気となっていることに頷けるダイビングペンシルベイトです。

DSC_4503_20180519211044c21.jpg

サイズは220mm、105gで、GTルアーとしては少し軽めの設定ですが、飛行姿勢が良く飛距離も十分です。GTはもちろん、ヒラマサやマグロでも活躍すること間違いなしです。


ポローニア
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-675172.html






【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

クォーター ランページ175FH


久しぶりの入荷です。たしか3年ぶりでしょうか・・・。
新作を次から次へと出すメーカーもあれば、ラパラやヘドンの様に同じ物を何年も作り続けるメーカーもあります。だからどう?と言う話ではありませんが、長くルアーフィッシングを続けていると、残して欲しいルアーがいくつもあると思います。

DSC_4494.jpg


私は、小学4年生の時、父に連れられて入った釣具店でルアーと出会った。黄色のフロッグが最初のルアー。初めて小遣いで買ったルアーは、ラパラのシャッドラップ。これは今でも大切にしまってあります。初めてのバスはヘドンのダイイングフラッター。ダブルスイッシャーのダイイングフラッターがジャバジャバジャバと水面を掻き分けてきて、バシャッ!と突如、水柱が立った。あの時の感動は今でも忘れられません。


ヒラマサ&マグロのキャスティングブームの中で誕生したランページ。消えていったダイビングペンシルも多い中、簡単な話を難しく言わなくても結果が出るルアーです。

DSC_4496.jpg



背中のラップ塗装が私のお気に入り。あまりルアーではお目にかかれない塗装方法です。
本来なら一つ一つ手に取って異なる模様を楽しんで購入していただきたい。

DSC_4495.jpg


ランページ、貴方の 『残して欲しいルアー』 と、なることを願います。



クォーター ランページ 175FH
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-707046.html





【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

メモリアルフィッシュを剥製に。


昨年、2本のキハダマグロをキャッチした梅村さん。美味しい部分はいただき、記念に尾鰭を剥製にされました。やったね!
私も美味しいお刺身を分けていただきました。ご馳走様でした。

31949257_1724278230991256_1345565283347070976_o.jpg

トロフィータイプ、額入れ、今回のような盾タイプと色々と作り方はありますが、一般家庭ではこの盾タイプが一番邪魔にならないと思います。魚種問わず魚類剥製の受付をしておりますので、お気軽にご相談ください。 インザストリーム店内に、各種剥製がございますので、確認しながら打ち合わせが可能です。

参考までに右のキハダマグロの尾鰭で、42000円(消費税、送料別)です。サイズ、タイプによりお値段は異なりますので、予めご了承くださいませ。


【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/



来るキハダシーズンに。  菊池工房 バブルスイマー180


昨日に引き続き菊池工房のプラグの紹介です。
先シーズン探していた方も多いハズ。相模湾のキハダマグロで好成績を残したポッパー“バブルスイマー180” スプラッシュとポップサウンドから、海面下にダイブ! ダイブ後は泡を纏いながらのS字アクションです。

DSC_4203.jpg



シルエットはベイトフィッシュにそっくりです。
顔周りは口を開けたイワシにも見えてしまいますね。

DSC_4206.jpg



細身のボディーでありながら線径2mmのワイヤーを備え、超大物にも対応します。

DSC_4210.jpg



ナブラ打ちはもちろん、潮目やベタ凪状態での誘い出しでも高い実績があります。
2018年のキハダマグロシーズンに活躍すること間違いなしのアイテムです。




菊池工房 バブルスイマー180
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-704751.html



【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/


丸っこいペンシルベイト。   菊池工房 ジャークペンシル170GT 鯵


まーるいペンシルベイトの入荷です。
一見バスルアーに見えてしまうこのダイビングペンシルベイト。実はGT用で、170mm、120gクラスのサイズです。ご覧の通り丸いフォルムは、マルアジやヒラアジ、オヤビッチャ、クマノミ、時にはハコフグをイミテートします。

DSC_4157.jpg



背中側から見ると分かる様に、完全な丸ではなく扁平と言うのが正しい表現かもしれません。このフラットボディからは、大きなフラッシング効果とテーブルターンにも似た連続したS字アクションが得られます。短い距離をゆっくりと探れる上、ゴトゴトと低音を奏でるラトルサウンドでGTを寄せ付けます。

DSC_4159.jpg



ハンドメイドルアーの大御所と言える“菊池工房” そのクオリティの高さをを感じられる作品。一般的なダイビングペンシルやポッパーで出ないとき、ぜひ一度はキャストして欲しいルアーです。

DSC_4160.jpg


ジャークペンシル170GT鯵 アルミ ブルーバック
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-704647.html


ジャークペンシル170GT鯵 アルミ パープルバック
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-704649.html


ジャークペンシル170GT鯵 アルミ クマノミ
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-704650.html



【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

ただ掬うだけがランディングネットじゃない。 エムスリーズ工房


トラウトのメッカ岐阜県で誕生したエムスリーズ工房。清流長良川のお膝元に拠点を置くビルダーが手掛ける作品は、気さくな性格とユーザー側に立った視線から、その多くは一点モノと希少価値が高いにもかかわらず、手の届く範囲のプライスが嬉しい。

今回は約一年ぶりに入荷した鹿の角がグリップに使われたランディングネットSです。渓流から中流までで使いやすい全長40cmクラスで、35cmほどのトラウトにおすすめ。

DSC_4025.jpg



アンティークビーズをあしらったタイプとグリップエンドにトチ材をつけた2タイプ。

DSC_4032_20180324201616d43.jpg



フレームは、外側からウォルナット、ヒバ、アメリカンチェリーの三層、耐水性を上げるプレポリマーを施し、最後はオイルフィニッシュで味わいある仕上げが、ビルダーの拘り。

DSC_4030.jpg



トラウトアングラーは背中で語る・・・。そんな言葉があるように、ランディングネットひとつでオーラと拘り感じさせます。ドキドキするファイトの末に、惚れ込んだランディングネットで憧れの魚を掬いあげてはいかがでしょうか。


エムスリーズ工房 ランディングネット
http://www.inthestream.jp/cathand/list-4920-8306-0-0.html






【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/







去年の初夏を覚えていますか。    スミス Dコンタクト63


「ちょっと長良川にサツキマス狙いに行ってみないか。」 と、ユキ姉を誘い出かけたのは去年の初夏の話。
いつものポイントに着くと、何か様子がおかしい。渇水で水位が低い。噂では聞いていたが愕然とした。来た以上、ルアーを投げない手はないが、とてもウェーダーに脚を通す気が起こらなかった。ただウエ-ダーを履かないと、目の前で根掛りしたルアーさえ外すことができないことを痛感した。

18814684_1407939622625120_4956259983733651734_o (1)


そろそろサツキマスの遡上が気になる季節となりました。まだ居たとしても河口周りでしょうが、GWごろには良い感じになっていることでしょう。(切に願う) 長良川のサツキマス狙いの定番〝Dコンタクト63〟も揃いました。

DSC_3990_20180317214403fd5.jpg

例年通りの水位になることを祈りつつ、もう少しサツキマスの遡上を待ちましょう。



スミス・Dコンタクト63
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-531450.html




【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/


今ここに。    バンスタール VR200


久しぶりにVAN STAALの登場です。
「バンスタール、懐かしい!」と言う方も多いのでは? 国産メーカーがまだ本格的なオフショア用リールを発売していなかった頃、高嶺の花だった高級スピニングリールメーカーです。 当時のVSシリーズはベールアーム無しでブラック、シルバー、ゴールドと3カラーあり、キンキラキンで威圧感たっぷりでした。 ご来店頂いている方はご覧になったことがあると思いますが、カウンター後ろの棚に飾ってある巨大なスピニングリールと同じブランドです。

さて今回、ここで紹介するのは、VRシリーズの一番大きいモデルVR200です。
バンスタールらしさが感じられる、メタルボディと丸味のあるギアボックス、デザインと軽量化を兼ねた穴開け加工。そして注目すべきところは、バンスタールにベールアームが付きました。

DSC_3924.jpg



アルミのラウンドノブも滑りにくく質感がとても良いです。

DSC_3926.jpg



ドラグノブは大きく握りやすい。ノブ中央のVSロゴが男心をくすぐります。

DSC_3927_2018030720402355b.jpg



VRシリーズは簡単に分解洗浄できるような構造となっており、ローターの取り外し、ギアボックスの開閉も付属の工具で行えます。
ローターの隙間から見えるローレットは、工具なしの素手でメインシャフトを固定できる仕組み。また、付属パーツでバンスタールらしくベールレスに変更することも可能です。

DSC_3931.jpg



気になるラインキャパは、取説上ではMONO:15LB-400yds BRAID:40LB-500yds です。アメリカ規格のため、説明通りにはいかずですが、実際にバリバス10×10の3号300mを巻いた感じでは、下巻糸をスプールの半分ほど巻いて丁度良かったです。それと巻き心地ですが、やはり国産ブランドにはかないません。ブルーヘブンやマーフィックス、マクセルと同様ぐらいのゴリ感はあります。ルックスと持つ者の心を満たす所有感は絶対的なリールです。


VAN STAAL 各モデルのお取り寄せは可能です。
為替レートの都合、販売価格の変動はありますが、お気軽にお問い合わせください。



VAN STAAL
https://www.vanstaal.com/



【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

高い透明度と伸縮性で大物を獲る。 ウルトラインビジブルショックリーダー


ショックリーダー〟と言うものに出会って25年ほどの歳月が経つ。モノフィラメント(ナイロン)ラインで、ビミニツイストでダブルラインを組み、ショックリーダーと結ぶ。初めてこのシステムを見たとき、なぜ道糸よりハリスが太いのか?10代の私には理解不能でした。当時、ハリスは細ければ細いほど魚が釣れると思っていましたから・・・。

DSC_0385_20180301191623840.jpg

PEラインを「新素材ライン」と言っていたころが懐かしい。「おい!新素材の5号巻いてくれ。」 そんなお客さまも多く、いつからPEラインと呼ぶ様になったのだろう。

<ショックリーダーの役目>
① 根ズレや魚体が触れることによる擦れを防ぐ。
② PEラインの伸び無さをカバー。ショックを吸収しバラシを軽減。
③ PEラインは有色で水中で目立つため、ハリスとしては不適。
④ 道糸を細くし、空気抵抗、潮流の影響を少なくしつつ、ハリス(ショックリーダー)部は太い物を使う。ラインキャパの確保。

PEラインの登場と共にショックリーダーの必要性も高くなりました。②と③はPEラインの特性からですね。


<ナイロンショックリーダーの特徴>
① しなやかで糸癖が付きにくい。
② 締まりやすくノットが作りやすい。
③ 高い伸縮率でバラシを軽減。(ショックを吸収)
④ 軽比重で水に浮きやすい。
⑤ 吸水性があり、劣化が早い。
⑥ スプールへの馴染みが良くライントラブルを起こしにくい。
⑦ コストパフォーマンスに優れる

<フロロカーボンショックリーダーの特徴>
① 硬く伸びが少ないため高感度。
② 硬く根ズレに強い。
③ 糸癖が付きやすい。
④ 水より重く沈みやすいため、トップウォーターには不向き。
⑤ 吸水性はなく、耐久性に優れている。
⑥ 硬く締まりにくいためノットは難しい。
⑦ ナイロンよりも高額。

他にも光の屈折率で水中で光ったり光らなかったり、ブランドによって様々な特徴はありますが、大体こんな感じだと思います。


私が多用するのは、ウルトラインビジブルショックリーダー(ナイロン)です。ナイロンショックリーダーの特徴はベースにありますが、高い透明度と柔らかを備え、コーティングで吸水を抑えています。確実なシステム作りと大物とのファイトをサポートする伸縮性を信じています。 GTやマグロ、ジギングはもちろんカジキやトラウトまであらゆるターゲットで安定した釣果を得ているのも事実です。



青ヶ島のカンパチ

18359054_1390763477676068_9199155780723901359_o_20180301191626bfe.jpg



ポンペイ島のイソマグロ

DSCN0698_20180301191628faa.jpg




スリランカのGT

DSC_5515_2018030119162864f.jpg



ルアーで狙うスピニングマーリン

CA3C005500011.jpg



先日のアブラボウズ。

DSC_3912_20180301191631d19.jpg


ちょっと釣果自慢みたいなブログとなってしまいましたが、上記の魚は全てウルトラインビジブルショックリーダーでの釣果。
使ったことがない方には是非使っていただきたい。全ての方を納得させることはできないと思っていますが、10年以上、インザストリームで売れ続けている人気アイテムです。


ウルトラインビジブルショックリーダー 100LB
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-201950.html




【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/







青い熱収縮チューブはいかが。    Tカスタム 熱収縮チューブ


ご購入いただいたお客様より、SNS等での発信で好評になっているブルーの熱収縮チューブ
意外にもありそうでなかった色ですね。セキ糸でチモトをブルーにしたりレッドにしたり、皆さん工夫していると思います。

DSC_3920_2018022321072868b.jpg



「大物狙いの時は、フックを熱収縮チューブでがっちり固めたい。」 そんな意見を良く耳にします。
実際、私もその意見に同感で、長時間ファイトをした後はフックの結びあたりがボロボロとなっていることがあります。
やはり大物には熱収縮チューブは有効だと思います。

DSC_3923.jpg


カンパチ狙いで多用するステキ針・幻 4/0と、ネイチャーボーイズ・ダブルコア ステルスブルー70号にTカスタム・熱収縮チューブブルー4.8mmで アシストフックを組んでみました。収縮率は50%で元の径の約半分まで縮まり、被膜は通常の熱収縮チューブより少し厚手となります。


【サイズ】 直径 3.2mm、4.8mm、6.4mm
【収縮率】 約50%
【全長】 1200mm


Tカスタム 熱収縮チューブ ブルー
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-694868.html





【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

スプリットリングの開きっぱなし解消


「スプリットリングが開きっぱなしになった。」
そんな小さなトラブルの話をよく耳にします。

ジギングと出会って20数年経ちますが、その頃から現在まである話。永遠のテーマなのかもしれませんね。実際、私もバハカリフォルニアの海で、7000円ほどの高価なアルミジグを使っていた時に、グッドサイズのカンパチをキャッチ。しかし、獲物とフックはあるのにジグが無くなっているという何とも奇妙な現象が起きたことがあります。そう、スプリットリングの隙間からジグだけ逃げたのです。釣った喜びよりも、その高価なジグを無くしたことが記憶に残ることになってしまいました・・・。

DSC_3900.jpg

100%戻るとは言えませんが、数あるスプリットリングの中でもカーペンター製のは優秀だと思います。
青物で使う80~150LB、GTやマグロ用に200~350LBのサイズを常時在庫しております。スプリットリングで悩んでいる方は、一度試してみてください。


カーペンター強化スプリットリング プラス
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-638707.html



【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

船上用ジグケース    ジャスティス ジギン


すっかり定番になった船上用ジグケース"ジギン"。ティップの柔らかいロッドに重めのジグを装着し、ロッドホルダーに立てると、ガイドからフックが外れて波に揺られてジグが大暴れ!ジグがキャビンや人に向かって、ドーン。「危ない!!」、そんな思いをされたジガーも少なくないハズ。それを回避するために生まれのがこのジギンです。船についているロッドホルダーにジギンを付属のインシュロックで留めるだけ。

DSC_3553.jpg



何度も繰り返し使えるリピート式インシュロックです。

DSC_3564.jpg



最初に発売されたイエローのほか、ホワイトとクリアーが追加されました。
クリアーはグローペイントのジグを使う方におすすめです。光を通す分、光を貯めることができます。

DSC_3560.jpg



ついでにジギンを取りつけることにより、「このロッドホルダーは俺が使う。」と主張できるかもしれません。
ですが、モラルとルールは守りましょう。

CCF20160722_00000_20171117150446856.jpg


ジギンを使用される方も増えています。間違えて持ち帰ったり、忘れてきたりしないように名前を書いておきましょう。



ジギン イエロー
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-644916.html

ジギン ホワイト
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-658229.html

ジギン クリアー
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-658230.html






【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

岐阜産まれ岐阜育ち。  Mスリーズ工房 ハングマン50S


トラウトフィッシングのメッカ、岐阜県で誕生したエムスリーズ工房。
久しぶりにハングマン50Sが届きました。前作よりもシャープな顔つきとなり、男前になりました。
サイズはどれも50mmのシンキングですが、タイプは3つに分かれ、ダーター、フラッシング、スタンディングになります。

先ずは、ダーター。トゥイッチすると左右に大きくダートスライドします。高速で逃げ惑うベイトフィッシュを演出。

DSC_3427.jpg



次にフラッシング。薄く平たいボディを備え、トゥイッチするとヒラ打ちます。派手なアクションでトラウトを興奮させることでしょう。

DSC_3429.jpg


3つ目のスタンディングは、名前のまんまで背中を上にした状態で、ボトムで立ちます。通常シンキングミノーはボトムに届くと寝てしまいますが、これは立っているので泳ぎ出しが早い上、ボトムを意識しているトラウトに効果的。
(スナップの有無やフックの重さ、水温で浮力が変わりますので、必ず立つものではありません)

DSC_3428.jpg


ハンドメイド製品で、ほぼほぼ一点モノとなります。入荷も不定期のため、気になる方はお早めに手に入れてください。
来年の解禁日は、ハングマン50Sで良い釣りをしてください。



ハングマン50S ダーター
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-681364.html

ハングマン50S フラッシング
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-681362.html

ハングマン50S スタンディング
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-681361.html





【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

一番たくさん釣ったジグは何ですか?   プラチナジグ・セミロック


「どのジグが釣れますか?」
それは日常的なお客様からの質問。ターゲット、フィールド、シーズン、船によって異なり、明日なのか来週末なのか、一月後なのか。会話の中からヒントをいただき、私の頭の中はフル回転で、アドバイスさせていただいています。


ふと思ったこと。
10代後半からジギングを初め、気が付けば40歳をいつの間にか過ぎている。そんな私が今までで一番たくさん青物を釣ったメタルジグはなんだろうか?データはありませんが、恐らく1位はザウルス・ヒラジグラ。2位が今回紹介するセミロックかもしれません。ハオリジャパンやツルジグ、ピーボーイも大活躍していたので定かではありませんが、近年であれば間違いなくセミロックでしょう。


そんなセミロックに150gのライトウェイトバージョンが登場しました。
実際は少し前からありますが、紹介していませんでした。

DSC_3286.jpg



ボディ断面が台形。難しいコンビネーションジャークが不要で、ワンピッチジャークのみでオートマッチクに泳いでくれるとこが気にっているセミロックシリーズ。2015年末から150gのプロトタイプを使わせていただき、鳥羽のワラサや大王崎のブリ、玄達瀬でも釣果を上げることができました。ライトウェイトの分、ヒラヒラとパラレルフォーリングが活き、沈下中の寄せが効くのではないでしょうか。潮流や水深しだいですが、150gが使える状況であれば試していただきたい。

すでにお気づきの方もいると思いますが、セミロックシリーズのホログラムが変更されました。これからはストライプドホロになります。

DSC_3288.jpg



セミロックの魅力のひとつ。グローの発光力の強さです。いわゆるスーパーグローなのですが、これがセミロックではスタンダードグローです。濁った潮や朝マズメ、ディープゾーンなどグローが有効な時も多いでしょう。

DSC_3274.jpg


北のフィールドから徐々にシーズンインをしている青物ジギング。
まだセミロックを試されてない方に一度は使っていただきたですね。"スピニングタックルで、ゆっくりとした一定のワンピッチジャークこれがキモです。"


【プラチナジグ セミロック 150g】
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-680895.html



【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

ミノーのようなウォブリングアクション。  スミス ウォブリン


2月にも紹介しましたスミス・ウォブリン。
テスターの中村氏の自信作と言うのはもうご存知ですよね。

テイルに独特なフィン形状を持つこのジグ、正直、仕入れに躊躇しました。変わった形状のジグは好みが分かれ、一回キリとなることも多いのです。しかし、このウォブリンはジワリジワリと人気が出てきている感じがします。

DSC_2978.jpg



ただ巻きで、ヘッドを振るようなミノーライクなウォブリングアクション。
ワンピッチ後のホバリング中に痙攣するよなビブラートアクションを見せます。 弱ったベイトフィッシュみたいですね。

DSC_2979.jpg



テイルの形状を除けば、リアル系のシルエットのため、ターゲットも安心しきってバイトするのかもしれませんね。

DSC_2980_edited-1.jpg


まだ、通販サイトに載せきれてませんが、75~185gまで揃っています。
今日明日は、台風で釣りが中止になっている方も多い様子ですね。明日は、選挙の後にでもインザストリームに遊びに来てください。きっと面白い何かが見つかります。




【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

禁止漁具と言われた。


三重県鳥羽~志摩にかけての船長たちによって開発された"リスキー1"
発売から10年近く経ち、数回に渡るマイナーチェンジを行い、今もなおこのエリアでは人気が色褪せないジグです。

DSC_2796.jpg



オーソドックスなセミロングで左右対称のセンターバランス。
フォール中に見せるパラレルローリングアクションが、激しいフラッシングを発生させて青物を誘発。薄いボディはジャーキングの抵抗が少なく軽快な釣りを約束します。激しいロールアクションでも確実にフッキングさせるため、アシストフックはコシのあるフロロ芯タイプをおすすめします。

DSC_2795_20171013214118db5.jpg


難関不落の志摩エリアで鍛え上げられ、使っていけないジグ(禁止漁具)と言われたリスキー1。
全国の青物フィールドでも活躍することと信じています。




リスキークラブ リスキー1 150g
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-679917.html





【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

大人の釣り時間のために


いつもこのブログをご覧いただきありがとうございます。
読者の多くは、魚釣りが生活の一部になっているような方だと思います。仕事の合間に、釣果情報を確認したり、釣り道具を眺め、魚とのファイトを妄想する。「次の連休はどこに釣りに行こうか。」と、そんなことばかりしているのではないでしょうか。

IN THE STREAM この店名の由来は、アーネスト・ヘミングウェイ作 〝アイランズ イン ザ ストリーム〟(海流の中の島々)から来ています。ストリームと聞くと渓流をイメージする方もいますが、個人的解釈では、〝流れ〟なんです。海流もそうですし、人や車が行きかうこと。時の流れ。もちろん小川もですね。だから何?って言う話ではありませんが、興味がある方は、ヘミングウェイのアイランズ イン ザ ストリームを読んでみてはいかがでしょうか。老人と海が有名ですが、映画にもなった良い作品です。

そして、釣り人のためのコーヒーを片手に・・・

DSC_2476.jpg

開業当時から、コーヒーの提供ができないかと考えていましたが、保健の関係上で中々難しい点もありましたが、この度、釣り好きなコーヒー屋さんに協力してもらい、釣り人のためのコーヒーをアレンジ中です。あくまでも豆の販売ですが、試飲はできます。

「渓流釣りのコーヒー」とか、「出航前のコーヒー」、「反省会のコーヒー」、「釣り雑誌とのコーヒー」など、面白いコーヒーができたら良いな。また、時期がきましたら紹介させていただきます。



【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

宮島ルアー&インザストリーム コラボモデル


仕上げが美しい上、確実に釣果を伸ばしている"宮島ルアー"が届きました。
両脇のチャガータイプ(SP-001)とカットタイプ(SP-002)は、スピニングマーリンでも引き抵抗が少なく安定して使えます。

DSC_2394.jpg

中央のカットタイプ(UVアバロンヘッド ブラツクバック)は、紫外線を効率よく反射するケイムラ&グロー加工が施された白蝶貝のプレートをインナーにセット。黒い背中との明暗でカジキを虜にさせます。ヘッド単体で150gあり、9ノット前後でもバランスを崩しません。また、6ノットほどでも、しっかりと泡をかみロングスモークを披露します。

これまでに培った技術と経験、それらの全てを注ぎ込んだ宮島ルアー&インザストリームのコラボモデルで、この夏、ビッグマーリンに出会ってください。


宮島ルアー SP-001
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-427078.html

宮島ルアー SP-002
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-353299.html

宮島ルアー UVアバロンヘッド ブラツクバック
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-565241.html




【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

新しい鉄ジグ。   ディープローバー 310g


あの鉄ジグに新しい仲間が増えました。パパ大津留氏の思いがこもった"ディープローバー310g"です。定番の鉄ジグスイムライダーは左右非対称のセンターバランスジグでしたが、このディープローバーは左右非対称で4:6でリアバランスです。
ディープゾーンを攻略するために、あえてリアに重心を持っていき、フォールスピードを向上させています。

DSC_2249.jpg



スイムライダー同様に鉄素材で、軽いジャーキングができることも魅力のひとつ。

DSC_2250.jpg



お盆休みに遠征釣行を予定されてる方に、鉄ジグの350g、420gも届いています。

DSC_2252.jpg


カンパチ、イソマグロなどの大型魚をジギングで狙う。
夢では終わらせない。魚はいるところ行かないと釣れない。そのためなら飛行機やヘリだって使う。そんな熱いアングラーの応援ができればと思います。



【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

ぼうずのがれに。   エビングキハダセット


「マグロ釣り = ばくち釣り」 
そんなイメージは掻き消すことはできません。しかし、せっかくの休みとお金を使って行くのですから、何か手ごたえが欲しいと思うのは釣り人の性。

パヤオ周りでのキハダやカツオに効果抜群のエビング。
スタイルに賛否が別れる釣りですが、丸ぼうずだけは嫌!という方には素敵なアイテムです。

DSC_2233.jpg


エビングキハダセットは、お手持ちのマグロタックルにこちらのセットと200g前後のジグを組合せば直ぐに使えます。ロッドワークは大きくシャクり上げるワンピッチジャークがおすすめ。

ハリスは3mほどあり長い仕掛けとなります。オマツリなどトラブルも起こりやすいため、船長に確認の上、ご使用ください。



プラグに反応しないキハダやカツオもエビングならイチコロです。



【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

シュリガーラ入荷


KZワークスから、シュリガーラが届きました。
今回は、ツナスペックの50gと75g、GT用に135gと155gです。

ブルーピンクの様なグルクンカラーは根強い人気色。

DSC_2204.jpg



個人的に好きなトビウオカラー。

DSC_2206.jpg



紺碧の海でキハダ狙い。エメラルドグリ-ンのリーフエッジでのGTフィッシングが似合うルアーたちです。



シュリガーラ 50
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-641644.html

シュリガーラ 135
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-641571.html






【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/



ソルトワールド8月号 Vol.125


ソルトワールドの新刊が届きました。
今月号は熱い!夢があります。まだ日本の海も捨てたもんじゃない。

DSC_2076.jpg



大物釣り、数釣り、美味しい魚狙いなどなど様々なスタイルや考え方はあると思いますが、私は旅と釣りが合わさる遠征釣行が好きです。もちろん旅費もかかるし、情報が乏しいが故に貧果に終わることもしばしば。でも、二十歳ごろで行ったサイパンの釣りから、現在まで思い出せない遠征釣行は一つもありません。

DSC_2077.jpg

そのひとつひとつの経験が宝で、この仕事となっているのかな。
好きなことを思いっきりやっていたら、仕事になっただけかもしれませんが・・・。

兎に角、今月号のソルトワールドは熱い。
昔みたいに、ちょっと執筆活動をしてみようかと思ってしまいました。




【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/




漁師サンダル    ギョサン


その昔、小笠原土産でしか中々買えなかったギョサン。

小笠原の漁師さんが、船上や港、磯で滑らないことから履き出し、漁師サンダル⇒"ギョサン"になりました。
鼻緒が一体成型で作られているため、千切れることもなく丈夫。近年ではカラーも豊富になり、普段履きでも使えるアイテムとなりました。

DSC_2064.jpg


110型は、従来の発砲ゴムタイプでクッション性も高い上、グリップ力があります。120型は光沢があり、クリアや蛍光色などカラフルです。どちらのタイプも優れた耐久性とグリップ力を発揮します。

夏のアイテムとして、おひとついかがでしょうか。





【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

キハダマグロ狙いに。  ウッドリーム アキヤ


玄達瀬の青物、キハダマグロ、カジキ、カヤックフィッシングとインザストリームの主とする釣モノがシーズンインし、バタバタな毎日を過ごしております。

キハダマグロ狙いのお客様も多く、「どれが釣れますか?」と、そんな問い合わせは毎日です。
ベイトフィッシュの大きさにセレクティブなマグロ類。「これです!」と言い切りたいところですが、なかなかそんなに簡単に釣れる魚ではないため、説明に時間が掛かってしまいます。ただ、今回入荷したアキヤシリーズは間違いないです。サイズは120、140、170、200mmとありますが、毎年、接客させていただい中の数名が、アキヤでマグロを釣ってきてくれます。

DSC_1990_2017062817380160c.jpg


タイプは120と140はシンキング、170と200はフローティング。
本音を言えば、4サイズとも揃えて欲しいところですが、140と170の2アイテムは必ずタックルボックスの中に忍ばせていただきたい。

DSC_8925_20170628173851216.jpg


ウッドリーム アキヤ170
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-573280.html


憧れのキハダマグロに一歩近づけるアイテムです。




【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/


やっぱりポッパーで釣りたい。  フィッシャ-マン ジャッカル150ロング


『GTフィッシング = ポッパー』 そんなイメージは少なくもない。
しかし、現状国内のGTフィッシングにおいてはペンシルベイトが多くのシェアを取っています。
昔から、マギーガーラやトビペンなどダイビングペンシルベイトはありましたが、カーペンター・GT‐ガンマ120の登場により、そのスタイルが変わったと言っても過言ではないでしょう。ダイビングペンシルベイトは確かに釣れる。

しかし、ボゴッ!ボゴッ! ドバーン!とGTがポッパーに喰らいつくシーンは、何度見ても興奮と同時に感動がある。

DSC_0734.jpg

GTルアーを生産するメーカーでも、殆どがペンシルベイトの生産ばかりとなってしまいましたが、老舗のフィッシャーマンは変わらずポッパーもきちんと生産しています。ポッパーに出るGTの楽しさを世界一知っているメーカーかもしれませんね。

写真は、フィッシャ-マン・ジャッカル150ロングです。
激しいスプラッシュと長いボディが首を振り、GTを魅了します。


ジャッカル150ロング
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-654093.html




【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/


大型フックをがっちり固定。  ピークフィッシング ジュラシック JS2


アシストフックの作製用のバイスを探すと思ったより種類がない・・・。
あったとしても安価で粗悪のものだったり、大型フックが固定できなかったりとイマイチ。

最近、出会ったスペシャルなバイスをご紹介。
アメリカ生まれのシンプルなローターリーバイス。ピークフィッシング・ジュラシックJS2、本来、ソルトウォーターフライ用のバイスですが、独特な特殊ジョーが大きなフックをがっちりと挟み込みます。

DSC_0503.jpg



シリーズとしてはJS1、JS2、JS3とあり、ジョーの大きさが違います。
最大級のJS1は、トローリングフックの11/0も挟むことができましたが、カルティバのホールド2/0ほど小さくなると、逆に挟みにくくなってしまいました。そんな訳で、弊店で基本的に扱うモデルとしては中間サイズのJS2です。ベースは机に挟むCクランプと、台座が付いたペディスタイルがあります。

DSC_0517.jpg


ジョー先端に設けられた7mm×3.8mmの穴をバーブが通れば、ほとんどフックが固定できます。ただし、ジョーの厚みが4mmほどあるため、小さなフックはゲイブ幅も狭いため、クリアできないかもしれません。カルティバのホールド2/0は問題なく固定できました。

DSC_0515.jpg



試しに色々固定してみました。
先ずは、人気があるカルティバ・ホールド 3/0。

DSC_0509.jpg



大型カンパチやヒラマサ狙いで需要が高い、がまかつチューンド管ムロ35号。
こちらも全く問題なし。

DSC_0508.jpg


トローリングでは定番のマスタッド7732 9/0
がっちり固定ができる上、角度も向きも様々に変えられるためハリ先のシャープニングにも便利。
残念なことにJS2では、マスタッド7732 10/0はバーブがジョーに当たり穴を通りませんでした。これより大きなフックの場合はJS1をご使用ください。

DSC_0506.jpg


本物志向が求めるバイスのため、決して安いアイテムではありません。
しかし、一生モノのアイテムとしてその価値が分かるアングラーに是非使っていただきたい。

※お取り寄せ対応品です。



ピークフィッシング ジュラシック JS2
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-652859.html



【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/



ソウルズ ビートウッド


日本最高峰のマグロアングラーと知られるソウルズ代表の佐藤偉知郎氏が開発したウッドルアー。
"ビートウッド"シリーズ。エアマチックは小さなカップを備え、ジャークすると細かな泡の航跡を残すことにより、ルアーのシルエットをぼかし、マグロを誘発します。シラスナブラにも効果が得られるのが特徴。

DSC_0499.jpg



ナルドは、シリーズ中もっとも細いデザインで、サンマやカタクチイワシなど細身のベイトフィッシュパターンに使いたい。
ウッドルアーとしては珍しいメッキ塗装が施され、キラキラと海中へ乱反射します。

DSC_0497.jpg



手間を惜しまず、情熱とプライドを注ぎ込んだアングラー魂の結晶。

DSC_0501.jpg


それが、"SOULS "のビートウッドシリーズ。






エアマチック
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-652731.html

ナルド
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-652733.html





【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/


プロフィール

IN THE STREAM

Author:IN THE STREAM
OWNER : Kawashima



釣果情報、製品案内、日々の他愛無いできごとをお届けします。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR