FC2ブログ

古巣メンバーで行く本流釣り。


15年前まで勤めていた某大手釣具店〝JSY〟の卒業メンバーが集まった。そして、それ以前に勤めていた観賞魚業界のメンバーも合流。魚釣りが共通の仕事や趣味であって、出会ってから20数年の歳月が流れる。 当時のエリアマネージャーに、「JSYで有給をとるのはお前と、岐南店のN田ぐらいだぞ!しっかり釣りを覚えてこい。」 と言われつつ、インターネットが普及する前から海外遠征にも出向く熱いメンバー達でした。そんなN田君の一声から集まった今回の釣行は、本流釣り。狙いはスーパーレインボー。

前日の晩にプチBBQを行い、野宿? 、テント泊?、車中泊。寝方は、様々でしたね。
寒くて目覚め、ゆっくりと朝食をとりのんびりスタート。Y口氏の案内で、ポイントを攻めていくと、20~25cmのイワナが幾度となくチェイスしてくる。「きっと4cmミノーに変えたら釣れるんだろうな。」と考えつつも6~9cmのミノーをキャストし続けた。対岸のM氏のロッドが曲がる!「イワナ~!」と、快哉が聞こえてきた。 Y口氏もニジマスをキャッチ。

二か所目のポイントは、二本の瀬の合流からのトロ場。その瀬の間に山夷タイプⅡをアップクロスでキャストし、軽くトゥイッチを入れたとたん。後ろから「喰った~!」と雄叫び。 私が叫ぶ前に、工事作業中のおじ様に言われてしまった。しばらくの攻防戦の間に、おじ様ギャラリーは1名から3名に増え、背後からの地味なプレッシャー。しかも、ランディングネットを忘れてきた始末。

35162204_1759082957510783_2555446549744189440_o.jpg



何とか岸に寄せ、下流から駆けつけてくれたY口氏に撮影してもらいました。
ヒレピンのグッドコンディションなニジマスに、しばらく見とれてしまいました。またいつの日か会えることを願ってリリース。

35193479_1759082844177461_8943942521138970624_o.jpg


いつの間にかルアーマンから本流釣り師(エサ釣り)に転身していたY口氏。
長ーいロッドをブンブンと振り回し、何匹かニジマスをキャッチしていました。

10056.jpg



そしてM氏は、イワナとヤマメ、ニジマスを合わせて60匹以上キャッチする驚きのテクニック。どこにそんなに魚居たんだろう・・・。私は、この一匹でウェーダー脱ぎ、ランチを食べて終了です。

35064517_1759081890844223_998844509255106560_o.jpg

20年後、また同じメンバーで釣りしてたら凄いな~。





【TACKLE】

ROD : Tカスタム ストリームフューリー70L (プロト) 
LINE : スーパーファイヤーライン1号 + ウルトラインビジブルショックリーダー20LB
LURE : 山夷 タイプⅡ、Dコンタクト68、アルボル70 



【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/




立派なブラウントラウト。


N様から釣果情報をいただきました。
愛知県の矢作川水系で釣れた50cm超えの立派なブラウントラウト。 愛知の渓流もまんざらでもないですね。

29313934_1427729754021531_3401201553938317312_o1.jpg

詳しい内容は、お客様ギャラリーでご覧ください。


お客様ギャラリー
http://www.inthestream.jp/diary.html?id=67





【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

メモリアルフィッシュを剝製に。


キャッチ&リリース、キャッチ&イート。
アングラーには様々な選択肢があり、きれいごとだけでは解決できない問題も沢山あります。「釣りをしないことが一番。」 そんな意見もあったりと・・・。

大物を釣り上げたら、魚拓、写真、そして剥製という方法もあります。
インザストリームにも沢山の魚類剝製がおいてあります。見上げると、その時の感動が甦ってきます。

DSC_1710.jpg



まるで今にも泳ぎだしそうな表情のブラウントラウト。

DSC_1711.jpg


K村さん、お待たせしました。
メモリアルフィッシュおめでとうございます。

DSC_1717_edited-1.jpg


インザストリームでは、剥製の取次をしています。
感動的な魚が釣れましたら、お気軽にご相談ください。




【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

釣り教室からのトン汁。


父と鮎釣りに行ったとき、たまたま持っていったバスタックルにブレットン(スピナー)を結びキャストしたら、背中が青緑色した魚が岩陰から追いかけてきた。あれから四半世紀。今思うとあれが初めてのトラウトルアーフィッシングだったかもしれない。

インザストリームの近くの池に通っていた小学生が、中学生になり、この春から高校生となるそうで、この年代としては貴重な釣りキチ2名です。「一度、イワナやヤマメを釣ってみたい。」と言われ、「じゃあ行ってみようか。」 春休み中とあり、そんなノリで行ってきました。気分は保護者、それとも先生!?。いや、保護者以上のプレッシャーかもしれない。

17554390_1349525328466550_3298569520889018036_n.jpg


イワナでは、安定感ある釣果が得られる高原川。
道中は想定外の降雪。ホワイトアウトしパーキングで一夜を明かすことになりました。


「若いっていいな。」、ドンドン釣り上がっていきます。
安全対策で自動膨張式ライフジャケットを着用。

17626216_1349525218466561_1235711607393529403_n.jpg



急激な水温変化があったのでしょうか。
チェイスさえない。

17630159_1349525135133236_6237965422919172871_n.jpg



平湯温泉の影響で、思いのほか水温は低くないとウェーダー越しに分かるが、魚の姿が・・・。

17499155_1349525268466556_3293512316263985945_n.jpg



ここは出そうだ。そんなポイントにツインクル45ディープを打ち込むと、ゆっくりとデカイ奴がチェイスしてきた。
もう一度ルアーをキャスト。軽くトゥイッチをするとギラン!と泡の中で魚が翻った。次の瞬間、全身を出すジャンプ!またジャンプ。
でかいレインボートラウトだ。幾度かのジャンプとランをかわし、弱ってきた相手を見て「捕れる」と確信した。すると、またジャンプ!そしてラインが風になびいた。

先生、かっこ良いところ見せるつもりが、最高にかっこ悪い。

17553791_1349524888466594_1028003114916060377_n.jpg



中々、魚に出会えないので、山菜や鹿が樹皮を食べた痕などを見てもらい自然教室!?

17498842_1349525188466564_7985764003403957006_n.jpg



休憩時間は、トン汁。冷え切った身体に染みわたります。

17522582_1349524975133252_4362148196283326509_n.jpg



愛機のイワタニ プリムス・イータパワーEF。3~4人の料理をするのに丁度良いサイズです。
何といってもハイパワーでありながら低燃費なところがお気に入りです。

<告知>
近々、釣りの途中で楽しめる燃焼器具類を取り扱う準備をしています。先ずは大好きで信頼しているイワタニプリムスとMSRから始めます。

イワタニ プリムス
http://www.iwatani-primus.co.jp/products/primus/index.html

MSR
https://www.e-mot.co.jp/msr/stoves.asp


美味しそうでしょ?
外で食べる飯はなんでこんなに美味しいのでしょう。

17554522_1349524991799917_7045035726288317982_n.jpg



高校生になっても釣りやってね。

17629996_1349525305133219_7152837517933557854_n_20170328204607eb1.jpg


また、行こう。
次こそは、40cmオーバーのイワナだね。





【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/




濃霧からのサクラマス


花粉症と眠気から眼を擦りながらAM2:00にインザストリームを出発。
予定より早くポイントに到着。僅かな仮眠から目覚めると、あたり一面が霧で包まれていた。

17359046_1342688639150219_8879761054514791937_o.jpg

対岸へフルキャストをするのに躊躇してしまう。
早朝の河原は、寒く手がかじかむほどでした。



ポイントを移動し、日差しを背に太陽の有難み感じていると、上流から「おーい!」と言う叫び声が聞こえ振り向くと、Nさんが手を振っていた。 「まさか、やったか!?」

はい。やってました。
「おーい!」と聞こえた時、溺れたかなと思ったのはここだけの秘密です。

DSC_1501.jpg


やはりこの魚は感動します。

DSC_1504.jpg


人が釣っても感動できる魚"サクラマス"。
次は私の手の中にいるサクラマスを写真に収めたい。Nさん、おめでとうございます。








【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

朝練からの大根収穫


ブログ更新が疎かになってしまい、すみません。
お客様の目に留まることもない地味なシステム変更や修正などなど、冬季でしかやれない仕事に追われいます。

今年のサクラマスはイマイチ釣果が出ない情報がありますが、家でじっとしていては絶対に釣れません。釣りに行けない奇妙な言い訳もしたくありませんので、インザストリーム号にチャイルドシートをセットしハンドルを握りました。

天気は晴れ、川の濁りも薄くいかにも出そうな雰囲気。最高の朝練スタートです。

16998876_1321155784636838_5594870265751973439_n.jpg


河原を歩いていると、足元に見覚えがある葉っぱが・・・。
「うん?草? これ大根とちゃう?」、意外にも河原で自生する野菜は多い。不法で河原で畑を作る人の影響か、それとも農家の人が捨てた野菜が流れ着いて根付くのかは不明ですが、過去にもカボチャやウリを見たことことがある。

気になった大根を一本スポーンと抜くと、どこか変。
痩せているのは当然ですが、根と葉の間に違和感たっぷり。

16683827_1321155704636846_4612496433293244536_n.jpg


朽ちた空き缶の口から育っていました。
これ、ひと昔前ならド根性大根として取り上げられたかも。

16865023_1321155757970174_4958197609423942286_n.jpg


釣果はお察しの通り。
ウエーダーを濡らして、大根を抜いただけの一日です。

16865207_1321156067970143_5883868951850904752_n.jpg


みなさん、川にゴミを捨てないように。




【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

あと10日


寒い日が続きますが、気が付けばあと10日ほどで渓流が解禁。
年末から少しずつですが、ビッグトラウト用品が届いています。"解禁"この言葉に、何故かソワソワしてしまいます。

DSC_09111.jpg

本流のトラウトゲームは、中々報われない釣り。
時折、やけくそと言うのか、自暴自棄になる釣り。

街を離れ、川へ向かう心理は自分でもよく分からないが、洗練された言葉で言えば、ロマンや夢かな。
あの感動を再び・・・。



【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

70cmオーバーのレインボートラウトが。 永井文雄 作


昨年、70cmオーバーのレインボートラウトをキャッチされたI様から依頼されたブローチが完成しました。
彫魚で有名な永井文雄によるオーダーメイド作製。

DSC_0684.jpg

魚に優しいI様はキャッチ&リリースをされ、何かメモリアルな物を残したい気持ちから、今回のブローチが出来上がりました。

I様とは、昨年、長良川でサツキマスをキャッチした直後に河原で出会い、軽く会話をしたのち釣り場へ。そして偶然にも今回のオーダーブローチの依頼でお店で再会。
魚と出会い、そして人の出会いも素敵ですね。
一期一会の機会を大切にしたいものです。

I様、ありがとうございました。



【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

ニジマスを求めて・・・


今週もニジマスを求め、調査釣行に行ってきました。
数年前の初夏、ユキ姉が良型のニジマスを数本釣りあげた木曽川。

14947485_1199035763515508_1069619767759998508_n.jpg



広いところで川幅が500m近くになる河川のため、ポイントを探すのに一苦労です。

14938221_1199035993515485_1748811646045877468_n.jpg



その昔、スティールヘッドの遡上があったとも言われ、ロマンある流れを丹念に探るも魚からのコンタクトは得られず。

15027690_1199036306848787_9112876485595978209_n.jpg


チャラ瀬は、シラハエ(オイカワ)がキラキラと群れを成し、寂しくなる秋の木曽川を彩っていました。
地元特製毛ばりは優秀で、毛ばりをシェイキングしながら流すと、シラハエとウグイが面白いほど飛びついてきました。

15036333_1199036186848799_3811102697018856538_n.jpg



シラハエ釣りをしていると、原付に乗ったオジサマに「ルアーはあ~だ、こ~だ。」とご指摘をいただきましたが、釣りをする前に漁協でニジマス釣りについての確認をしてから釣りをしております。貴重なご意見だったとして心にとめておきます。

<漁協手引>
http://www.water.go.jp/chubu/kisodo/PDF/naikyou22gou.pdf#search='%E6%84%9B%E5%8C%97%E6%BC%81%E5%8D%94+%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AB'

<愛知県漁業調整規則>
http://www.pref.aichi.jp/uploaded/attachment/26778.pdf

15032906_1199054973513587_1162231012527512014_n.jpg


ニジマスの写真の代わりにクルミです。
この実を剥くとあのクルミらしい種が出てきます。

15032159_1199054983513586_8373768438925130141_n.jpg



お昼ご飯を食べることさえ忘れ、キャストしていましたがシメはスモールBBQ。

14947436_1199054956846922_3698528406579276955_n.jpg


しか~し、後片付けを済まし車に乗り込むと、ヘッドライトが両方着かない。
リレーの故障とすぐわかりましたが、対処策がなくJAFさん要請。

14955913_1199036766848741_3764160195461469120_n.jpg

運転手つきの釣りってこんなに楽なんですね!(笑)





【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

季節外れのトラウト


半袖で過ごすには厳しい季節となりました。
中部の河川のほとんどが禁漁期間になり、トラウトはオフシーズンです。

しかし、調べてみると、幾つかの河川では条件つきで釣りがOKとなっているところもあり、今回は調査のつもりで出かけてみました。入漁券もコンビニで販売されてましたし、違反ではないことを確信。

14908308_1193088224110262_935656684127383930_n.jpg



のんびりスタートで5箇所のポイントを探り、4人のアングラーと会いました。
ポイントは間違ってないハズ・・・。

14925725_1193088210776930_3006351606022294541_n.jpg



私の釣行の噂を聞きつけたご夫婦と合流。

14937176_1193088237443594_7495593555685282518_n.jpg


狙いのニジマスに出会うことはできませんでしたが、秋空の下、川でロッドが振れたことが清々しかったです。





【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

トラウトが終わったら海に行こう。(移行)


小雨降る長良川。ラストチャンスと思い行ってきました。
6月からは鮎釣りが解禁となり、私の好きなポイントは鮎釣りの方が多くなってしまいます。

2月から5月まではトラウトの人になってしまう私ですが、そろそろ海にシフトしようと思います。

1464701216418.jpg



増水しているつもりで河原に到着すると、先週より30cmほど水位が低い。
石の隙間でキラリとするものを発見。偏光グラスごしに眺めていると、それは間違いなくルアー。レインウェアはすでに雨で浸水しており、ためらうことなく川底に腕をつこっみました。リュウキをゲット。

1464701247581.jpg



ここも友釣り専用区間となってしまうため、今季ラストチャンスかな。

1464701302564.jpg



いつの間にか10cmほどに成長した鮎が遊んでくれました。

1464701349746.jpg


マグロにカジキ、玄達瀬の青物が気になる季節となりましたが、とりあえず来週の八丈島釣行に向けて準備をしなくては・・・
デカいカンパチ狙ってきます。

ああでもない、こうでもないとタックルの準備をしている時間、自分では気が付いてなかったですが、周りから見るとキラキラしているらしい。きっと皆さんもそうなんでしょうね。




【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

父と鮎とサツキマス。 T.KustoM ストリームフューリー70


30年ほど前"サツキマス"と言う魚を初めて知った。
私の父は、鮎釣り師。サラリーマンの父の週末は畑仕事か鮎釣りに出かけていることが多かった。中学に上がったころ初めて鮎竿を握った。その時は何と重い竿なんだと思ったことを鮮明に覚えている。一丁前にアユ足袋にタイツを買ってもらった。でも、そのタイツが園児がお遊戯で使いそうなペラペラの薄手のタイツで、10分も川に浸かっていると震える冷たさ。

道具はすべて父が用意してくれたモノ。オトリ鮎も買ってもらい、鮎の鼻に鼻カンを通すときに鼻を千切ってしまい、酷く叱られた。オトリ鮎を泳がし始めるとすぐにゴゴゴゴン、ゴゴン、ギューンと竿が絞り込まれた。掛かった!楽しいかも鮎釣り。
父の釣り仲間であり師匠のオジサンと話していると、「下の淵にサツキマスがいる。」と。翌週、バスタックルにブレットンを結びキャストすると、青緑色の背中をした魚が追いかけてきた。きっとあれは大きなシラメかサツキマスだったに違いない。それからの夏は父の鮎釣りに便乗しながらサツキマスの姿を追った。

DSC_910111_edited-1.jpg



月日は経ち、タックルの進化、情報量が増え経験値も上がった。何よりも運転免許にマイカーが最大の強みかな。

DSC_91011.jpg



今季4度目のサツキマス釣行。
早朝の5時、少し出遅れた感もあり慌ててウェーダーに脚を通していく。珍しくアングラーは一人もいないが何故だか焦る・・・。
流心からミノーが抜けた瞬間、トンッ!軽いトゥイッチを入れた。ゴン! ギラギラギラと水面直下で輝く魚体。

「キター!」

対岸にいたウナギ漁師の視線を勝手に意識しながらのファイト。
ネットに収まったのは40cm弱のサツキマス。

DSC_9101111.jpg


きっと父が鮎釣りをしていなければ、この魚を狙うことはなかっただろう。
自分が父となった今、親父の存在の大きさに気づくことが多くあります。

今夏は、親父と少し鮎釣りをしてみようか・・・。




【ROD】T.KustoM ストリームフューリー70 プロト
【REEL】ステラ2500
【LURE】山夷68 タイプ2
【LINE】PE1号 + リーダー12LB




【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

一日だけのGW


世間はゴールデンウィーク。
サービス業となって彼此20年経ちますが、フィッシングツアーなど以外でGWを取った記憶がありません。
サービス業の宿命ですが、ちょっぴりと羨ましさを感じてしまいます。

1462227785264.jpg

月曜定休の一日だけお休みをいただき、長良川に行ってきました。ポイントには人が入れ替わり立ち替わり、GWらしい光景です。
午前8時までと制約付きの釣行。結果はルアーを一個ロスト・・・


さて、今週も頑張って営業しますよ。
5月8日までGWセールを開催中。是非、遊びにいらしてください。


長良川のサツキマス


午前中に雑務を済ませ、遡上が始まったサツキマスを狙いに長良川に行ってきました。
のんびりと午後からの釣り。そんな簡単な釣りでないことは百も承知ですが、ルアーを投げなければ釣れませんからね。

1461582413032.jpg

チラホラと川原にはアングラーが立ち、ロッドを振っていましたが、ヒットしている様子はなし。
夕まづめまで粘ってみましたが、今日のところはお預けです。
また日を改めよう。




【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

ゆるい休日のトラウトゲーム。

AM2:30 ピピピピッ ピピピピッ 
スマホのアラームが鳴った。「なんだ先週の釣りのアラームを解除するのを忘れていた・・・・」

AM6:00 釣りの夢を見て起床。
ユキ姉に「稲武でランチを食べながら釣りに行こうか?」と訊くと、答えはもちろん「行く!。」
このアクティブさにいつも助けられる。たぶん私よりも釣りが好きだと思う。

午前中にスタッドレスタイヤからノーマルタイヤに戻し、正午に出発。
少し遅いランチを愛知県豊田市の〝花の木〟さんで頂いた。人気メニューの焼き鳥の半身ランチは、丸どりを縦に半分にしたボリュームたっぷりなランチ。程良い塩味が胃袋を満たしてくれました。

河原に着いたのはPM2:30ごろだろうか。
ミスキャストで対岸の枝にツインクルディープが引っ掛かってしまった。ゆるい釣行のため、ウェーダーも履かずにジーパン&スニーカースタイル。仕方なくラインを切り、車で対岸へ移動した。
釣具屋ですが3000円のルアーは失くすと痛いので。

13043566_1052033561549063_5467884304444208021_n.jpg



ルアーを回収すると、目の前にポイントが広がっていた。
4投目、流心を抜けた辺りで銀色の魚体が翻った。「おっ!ヒット~。」

13010820_1052033611549058_2348744462200563865_n.jpg


21~22cmほどのアマゴです。
川に一度も浸からず釣れたことに感動。気分はまるでバスアングラー・・・。

13043340_1052033571549062_7660881673864867934_n.jpg



ユキ姉も足場の良い所を探し、スニーカースタイルでキャスト。
肌寒くなってきたころ、「きた~!!!」と河原に奇声が響いた。

12985626_1052033938215692_7448187431915431521_n.jpg


のんびり、ゆるい休日のトラウトゲームでした。





【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

川へ山菜取に・・・


安定しない春の天候。
「今日、船が出なかった。」 そんなお客様の声を毎日のように耳にします。

4月11日、出船するかしないかの際どい天候だったため、テスト中のトラウトロッドを車に積み込み福井を目指した。
北鯖江SAに立ち寄り、車のドアを開くと、「寒い。」の一声。愛知に比べると北陸地方は春の訪れが少し遅いようです。

コンビニで入漁証を購入。焦る気持ちを抑え、ウエーダーに足を通していく。
緊張の一投目と思っていると、ユキ姉が私よりも先にキャスト。チェッ。

3363.jpg


水位がいつもより40cmほど低い状況。
いつも根掛かりに注意してリトリーブしている沈下木が露わになっていた。
私のアルボルがひっかかっていないかと探してみましたが、残っているはずがないですね。

12994555_1047920951960324_3469102162074795120_n.jpg



昼食をとることを忘れキャストしていると、足元に何やら美味しそうな草を発見。
そう〝コゴミ〟です。標準和名クサソテツ、山菜のひとつ。
すでに成長している葉が多く、新芽を探すのに一苦労。でも、童心に返って藪漕ぎをしたことは言うまでもありません。

3376.jpg



ワラビやゼンマイに比べてアクが少なく調理しやすいコゴミ。
さて、今夜はどんなご飯になるかな。





【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/



早かった皐月。  長良川のサツキマス 


急に釣り仲間に誘われ、長良川の様子を見に行ってきました。

サツキマスのシーズンインには少し早いかなと思いつつも、山夷68タイプⅡをキャストしているとココンッ!とバイト。
ピシッ!とフッキングを入れるもロッドは絞り込まれなかった。

DSCN1075.jpg

魚の姿を確認できた訳ではありませんが、アドレナリン全開です。
しかし、その後に続く反応は得られず、コーヒーブレイクへ。

まもなく長良川のサツキマスはシーズンを迎えることでしょう。


【ROD】 T.KustoM ストリームフューリー73  (プロトタイプ)



【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/


陸封型サクラマスを求めて。 御母衣ダム


ゆっくりと目覚めた定休日の朝。ぽかぽか陽気に誘われて、遊べる軽のハスラーでお出かけ。
名古屋地区は車内にいると暑いくらいで、エアコンを付けて名神高速道路へ。

目指すは、大型イワナや陸封型サクラマスがあがる庄川水系の御母衣ダム。
途中、名古屋市内を流れる〝庄内川〟を渡り、「この川にもトラウトが居たら良いのにな。」と思いながら緩いカーブでハンドルを回した。

自宅から2時間少々で到着した御母衣ダム。
ドアを開けると、そこは凍えるような寒さ・・・。そして冷たい雨。
慌ててレインジャケットを羽織った。

DSC_8591.jpg



キャンプサイトからダムサイトへ降りていくと、「ありゃ、水がない。」
少ないとは思ってましたが、ここまで少ないとは思ってもみませんでした。

DSC_8593.jpg


斜面を半分ぐらい降りたところでアングラーを発見。(写真右側 中央からやや下)

DSC_8597.jpg



「ぜーはー、ぜーはー」と、息を上げて斜面を登って来たアングラーの手には、30cmほどのシラメが握られていました。
魚が居るのは分かりましたが、谷を抜ける突風と冷たい雨に心は折れ・・・。




砂と花粉も舞う。
はい!今日のところは退散です。

DSC_8595.jpg



蕗の薹はあちらこちらで見られましたが、御母衣ダムの春はもう少し先かな。

DSC_8617.jpg


そして庄川で少しだけロッドを振りましたが、ノーフィッシュ。
帰り道に寄ったクックラひるがので買った〝刺身チーズ〟が、疲れた身体を癒してくれました。





【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

サクラマス、おめでとうございます。


お客様ギャラリーに投稿がありました。
サクラマスを立て続けにキャッチしているN目様。

20160229_20160229214600_3zjA8neWVb.jpg

詳しくはこちらから (スマホ対応外)
http://www.inthestream.jp/diary.html?id=63

N目様、おめでとうございます。





【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

サクラマス


N様から釣果情報をいただきました。
今季二回目の釣行で見事にサクラマスをキャッチ。

12669435_792153804245799_3230752935386128505_n.jpg

写真では分かりにくいですが、かなり体高がある魚体だったようです。
おめでとうございます。


お客様ギャラリー
http://www.inthestream.jp/diary.html?id=62



【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

さて、ウェーディングシューズを洗おう。

2ヶ月ぶりにウェーディングシューズの紐を締めた。
ウェダーにフィッシングベスト、帽子に偏光グラスを纏い、河原に立ったときの興奮は20年前と変わらない。


2月1日、東海北陸エリアの渓流解禁。(一部河川)
午前5時過ぎ、N目さんの愛車の中で夜明けを待つ。ゆっくりと空が黒からグレーに変化してきた。それは北陸らしい夜明け。

しっかりと洗ったはずのウェーディングシューズの中から小石がコロコロと出てきた。12月上旬に行った新潟県荒川の小石だろう。
焦る気持ちを抑え、インナータイツにカイロを貼り防寒対策はバッチリ。仕上げにニット帽を探すと、見つからない・・・。仕方ないので、いつものウォーターシップのハットを被った。耳も顔も冷たい。でも、寒さよりも興奮が上。

DSCN1045.jpg



今はスマートフォンを開けば、どこでどんな魚が釣れているかすぐに分かる時代。
釣りに行かなくても、行った気分になっている人もいるぐらい。非難されてしまいそうだけど・・・。人が釣った魚はどうでも良い。特にトラウトはその情報をもらったところで、次の日そこに行って釣れることの方が少ないし、それは楽しくない。
やはり河原に降りて、流れを見てどこに潜んでいるか歩いて探すことが楽しい。それで、出会えたならば最高に幸せ。




トロ瀬で、レックスMDがターンした瞬間だった。
ドーン!ジィー!とドラグが叫んだ。「キタッ。」 

ゴンゴンと首を振るかのようなファイト。
浮いてきても、ギラリとしない。「本命か?重すぎる」

バシャッ!とダークブラウンの尾びれが水面を叩いた・・・・
その尾びれの少し上にレックスMDが付いていた。

8151_1001584049927348_3978972448945527713_n.jpg

まさかのコイ・・・・
ランディング寸前で、スケールを残し去っていった。


今夜は、ウェーディングシューズをしっかり洗おうか。耳も顔も冷たいだろうな。




【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/



10kgのサケに出会うために。 新潟県荒川

日本で最初に有効利用目的でサケ釣りができるようになった忠類川。
そんな忠類川に行ったのはもう20年ほど前だろうか。サケの有効利用調査目的で徐々に全国の河川で、サケ釣りができるようになり、愛知から比較的行きやすい石川県手取川もその一つ。そして私が近年注目しているのが、新潟県の荒川。ギリギリ日帰りで行ける距離です。

荒川は、水質がとても良くゴミも少ない。そして何よりも大型のサケが狙える河川。
10kgを超えるサケとめぐり遇っていないが、ここ荒川には確実にそのサイズが潜んでいる。釣りは年数ではなく、回数が経験値として正しいとも言われます。しかし、今まで三桁のサケは見てきましたが、なかなか10kgは難しいものです。

さて、今回はテスト中のトラウトロッド〝ストリームフューリー〟を握りしめ、10kgが取れるだろうのスタイルで挑んできました。「速い流れの中でステイできる魚はデカい。」過去の経験上、間違いないと思っています。

DSC_05571.jpg

写真は、緩い流れですが・・・。
速い流れの中で、スマホやカメラを出す勇気がなく。
昨年は、ビデオを流しました。


大きくコブができるような瀬の中で、ヒット!!
ゴン、ゴンと鈍く頭を振る。間違いなくデカい。ロッド角度を考え魚を誘導。流心から出たと思った瞬間、一気に流心下流に走られラインブレイク。やはりデカい奴は難しい。


DSC_05591.jpg


太く黒いサケも悪くないなと思った一枚。
また近く荒川へ挑戦してきます。次こそは10kgかな。




【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/






ビッグトラウトを仕留めるために   ブローディン ペアマーケット

幾度となく紹介しているブローディンネット。
古くささや安っぽさを感じさせない品質であり、気楽に使える実用性。

今回は、ブローディン社の一番大きなネット〝ペアマーケット〟の紹介。全長830mmとかなり大きなタイプ。グリップは320mmのロングハンドルで、テトラの上からやディープウエーディングでもビッグトラウトを掬い上げることが容易です。

DSC_58861.jpg



グリップには木目の美しいココボロ材を採用しています。

DSC_58891.jpg


網の深さは62cmもあり、サクラマスはもちろん、これから本格的になるサケ釣りにも最適です。
このネットなら夢の10kgオーバーのサケもランディング出来ます。



ブローディン ペアマーケット
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-619820.html



【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

SAURUS フリック80

厳しい状況が続いた九頭竜川のサクラマス。
何故、あの魚を追い求めるのだろう。単に言えば、「難しいから面白い」ではないだろうか。

美しい魚であり、大型、稀少。
孤高なアングラーでなければ、キャストを続けることさえ無駄と感じてしまう釣り。

DSC_4286.jpg

バルサでなければ出せないアクションがある。
インジェクションルアーで興味を示さないトラウトがいることは、百も承知。フリックは極薄のリップがしなり、派手なヒラウチを繰り返します。80mmで15gのヘビーウェイト設計で、押しの強い流れの中でも負けないでトラウトを魅了。

サクラマスに限らず、大型レインボートラウトやブラウントラウトでも使っていただきたい。


フリック80
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-608120.html






【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

渓流とは発見の連続


車から降りなければ見えない風景がある。

午前4時半、少し東の空が明るくなる中、マルチアングラーのY崎さんとインザストリームで待ち合わせた。
ゴーゴーとハブベアリングからの異音を感じながら山へハンドルを切って進む。長良川の支流、清流吉田川に着いたのは6時過ぎ。運転しながら見えるポイントは、先行者も多く釣りにならないことが多い。最初に入ったポイントも一度通り過ぎ、Uターンして駐車。

山間部では桜が見頃。インザストリームから僅か100kmほどで気温の差を目で感じることができ、おまけに花粉もいっぱい。ふと地面に目をやると、ツクシが群生していた。

DSC_3209.jpg



Y崎さんは、車を降りるとクシャミを連発。少し辛そう。

DSC_3203.jpg



この淵の中にはトラウトがいると信じキャスト。しかしチェイスがない・・・・
瀬を越えれば、またポイントがある。

DSC_0311.jpg


あの岩の向こうにはきっと・・・
魚以外にも、コゴミなどの山菜。ミサゴの様な頭の白い鳥に会い自然と季節を感じた。

気がつけば、源流域まで上っていた二人。

DSC_0308.jpg


出勤時間前の釣りとしてはやり過ぎました。
営業中に居眠りしてしまったこと、お許しください。




【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

ボウズでさえ味わい。


私にとって魚釣りは、仕事であって趣味。オンオフの境界線があってないようなもの。
製品開発と言えば仕事になって、ただ釣りに行くは趣味である。そう釣りが好きで、この仕事を始めたのにも関わらず、釣りに行けない日々が続いた昨年は、苦痛の一言でした。やはり釣り業界に携わる者は、釣りに行かなければお客様に失礼である。

11015647_833657950053293_10699970711_o_20150220211248d07.jpg

今日は、仕事前にサクラマス釣り。
もちろんボウズ。そんなに上手くはいかない。
でも、このボウズだってちゃんとしたデータ取りのひとつ。それは後に、知識と経験となり味となるハズ。



【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/


流れの中は興奮する。 ストリームフューリー Stream Fury


数日前、旧友のY口氏が「エサでサクラマスを釣ってみたい。」とボソリとつぶやいた。
大型のブラウンやレインボー、サーモンをルアーとエサ釣りで楽しんでいる彼、当然のことでしょう。

軽い気持ちで、「行こうか?エサ釣りもやれる川に。」
もちろん私はルアーですけどね。

DSC_2070.jpg


ほぼ、ノープランで出かけ、朝一番で4000円のルアーをロストし、大きくテンションダウン・・・・。
「そんなもんさこの釣りは」と、考えながらトロ瀬を探っていると、流心を外れたところでギラリと魚体が翻った。

「Yちゃん、キター!」と、叫んだ。
テスト中のストリームフューリーは、感度の良いソフトティップとEXハードバッドのワンピースロッドです。
すんなりと寄せ付けたものの、手前で大暴れ。極端な先調子に見えますが、ソフトティップが追従しバラシを軽減します。

1423219529429.jpg

「写真撮るからゆっくりファイトして」と、言われも、私、とても興奮状態です。

焦る焦る・・・。

スピニングタックルによるカジキやGT、マグロ、カンパチなどなど多くの魚と出会ってきましたが、ネイティブトラウトには別格の面白さがあります。言葉では表現できない興奮が楽しいから、トラウトゲームをやめられない。

DSC_2049.jpg



短時間ファイトで、体にラインを巻き付けることもなかった。
54cmと小ぶりですが、美しい個体。釣れてくれて、ありがとう。

DSC_2030.jpg


さて、次は何を釣ろうか。







【TACKLE】
ROD : T.KustoM ストリームフューリー76 プロト
LURE : シュガーディープ90 アカキン



【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/


街を離れ、自然に向かう深層心理


「人には、記憶に残したいと思う深層心理があるようです。」
どこかでそんなフレーズを読んだような。

都会の生活者が田舎へ行って、その記憶を持ち帰る。そして、都会でその記憶をたまに引き出すことに喜びを感じるのかも知れませんね。アングラーは、いつだって釣った獲物を思い出すだけで、ワクワク、ドキドキ。

少し前に行ってきました新潟県荒川のサケ釣りの動画をUPします。




私の体内メモリーは少し弱いので、しっかりと動画に残さないと忘れてしまいますから。







【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

新潟県 荒川のサケ釣り。


名古屋から片道510kmの新潟県の荒川に行ってきました。
上信越道が降雪のため、心が折れそうでしたが、釣り欲が勝り、スリップしながらも現地に到着。

受付を済ませ、ポイントに入ると直ぐに同行者にヒット!慌ててビデオカメラを取り出したら、ポチャン!
川底に消えていきました・・・

そんな訳で、川の中でスマホやカメラを出す勇気を消失し、あまり撮影していません。
ごめんなさい仕事失格ですね。


10856167_791380530947702_1336271405_o.jpg

テスト中の本流トラウトロッドの〝ストリームフューリー〟はいい仕事をしてくれ、沢山の荒川サーモンに出会うことができました。



急遽、スマホの動画アプリで撮影してもらいましたが、思っていた以上に撮影できるものですね!
ショートムービーですがお楽しみください。





帰りに、いつも荒川でお世話になっている割烹食堂〝 いそべ〟さんに立ち寄り、名物のズドンをいただきました。

10856132_791380510947704_262136431_o.jpg


磯部さん、定休日に関わらず営業していただきありがとうございました。

割烹食堂いそべ FB
https://www.facebook.com/ISOBE.KAPPOU.SHOKUDOU




そして、荒川のサケ釣りの宿と言えば必ずあがる、〝いずみや旅館〟で今回もお世話になりました。
ショートムービーで私の後ろで撮影している方が、いずみや旅館の大将です。

いずみや旅館 HP
http://www.izumiya3.com/



さてと、新しいビデオカメラを選ばなきゃ・・・






【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/






ビワマスの採卵現場を見学

お休みをいただき、滋賀県立琵琶湖博物館主催の“ビワマスの採卵現場を見学”に参加してきました。

仕事から離れ、完全にプライベートです。
今から20年ほど前、こんな栽培漁業についてマジメに学んでおりました。


先ずは、漁師さんの船に乗せてもらい、定置網の引き上げです。網が段々と絞られていくと、ハスがピョンピョン跳ね回っていました。

DSC_0605.jpg


絞られた網の中には、ビワマスをはじめ、ハス、ワカサギ、オイカワ、ゲンゴロウブナ、ホンモロコ、スゴモロコ、ゼゼラ、ヒガイ、ビワヒガイ、シロヒレタビラ。もちろんブラックバス、ブルーギルもいました。

DSC_0628.jpg


やはりブラックバスが目立ちますね。
漁師さんは、「ブラックばかり」と、ぼやいていました。

DSC_0633.jpg


DSC_0637.jpg


捕獲されたビワマスは素早く雄雌に分けられ、丁寧に採卵。
個体差があるようで、卵の色は黄色からオレンジまで様々。一匹あたり1000粒ほどの卵を持っているそうです。

DSC_0641.jpg


DSC_0644.jpg



ピンクと黒に染まった婚姻色のビワマス。
雄雌ともに似た色です。

DSC_0645.jpg


夏場は銀ピカですが、この時期はこんな感じです。
成魚になるまでは4~5年で、サイズはすごく差があり、30cmぐらいのもいれば、60cmと大型に育つものもいるそうです。

DSC_0649.jpg


採卵が終わったビワマスを美味しくいただきました。

DSC_0663.jpg



想像してしていたより多かったのがワカサギ。オイカワやハスより多いのです。

DSC_0660.jpg



想像通りのはこちら。
漁協の黒板に、「本日の外来魚85kg」と、記載されてました・・・・。

DSC_0659.jpg

再びビワマスと出会えるように、元気に育って欲しいものです。
ビワマスの密漁問題、外来魚の問題、水質問題、色々と勉強になる一日でした。


滋賀県立琵琶湖博物館
http://www.lbm.go.jp/index.html



【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/
プロフィール

IN THE STREAM

Author:IN THE STREAM
OWNER : Kawashima



釣果情報、製品案内、日々の他愛無いできごとをお届けします。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR