FC2ブログ

10kgのサケを狙いに。 新潟県村上市荒川


毎年恒例となっている新潟県荒川のサケ釣り。
本州でも10kgのサケが遡上する河川として有名な荒川。地元では10kgを超えたサケを〝メガ兄貴〟と呼ぶそうです。

名古屋から荒川までは約500km。雪の心配もなくなったため、旧友のY口氏がハンドルを握り22時に出発。途中のみどり湖SAで、アユ釣りのトーナメンターのK氏と合流。3人で他愛もない話で盛り上がる車内。北陸道に乗った辺りからうたた寝をしていた私。あっという間に?村上市に到着です。

水位観測所のデータを見ていると、水量が多く開催が危うい。そう、サケ釣りはサケの有効利用調査というもので、厳重な管理の下で開催されています。ゆっくりと受付を済まし、漁協の判断を待ちます。30分後集合の号令。組合長から「本日は、水が高く危険性があるため中止です。」と、参加者に伝えられた。荒川に来るようになって7~8年。中止は初めての経験です。

普段の荒川より、90cmほど水位が高い状況の3番ポイントの左岸。 危ない危ない。でも、カヌーで降ったら、ちょっと楽しそう。

7845497911_o.jpg



やることがなくなってしまったので、隣の三面川の様子を見てきました。こちらは水位が安定したようで、川漁師さんがどんどんサケを捕獲していました。中には6~7kgはありそうな立派なサケも。

78072071_o.jpg



その少し下流では、〝テンカラ〟というボラ掛け針をもっと大きくしたような、巨大なトレブルフックでサケを引っ掛ける漁法が行われていました。ラインにサケが触ったら、思いっきり合わせてフッキング。みなさん物凄い剛竿でした。

78537358_o.jpg



三面川のこちらの施設で、サケ丸ごとやイクラが購入できます。Y口氏は、何故かテンカラ針を購入していましたが、サケ有効利用調査では使用できない禁止漁具です。漁師さんのみ許された漁具なのに・・・・。オブジェだね。

78179391_o.jpg



ランチは三面川の近くの旭屋さん。以前にも訪れたことがあったのですが、焼肉もラーメンも美味い店です。サケ釣りが中止になったため返金された参加費6000円は、胃袋に消えていきました。

78544815_o.jpg



宿泊はいつもの〝いずみ屋〟さん。晩ごはんは〝割烹食堂いそべ〟さん。どちらのご主人も荒川の釣りに精通した方で、貴重な情報を得ることができる強い味方です。 いそべさんの名物、『ずどーん』 マグロの頭肉を使った海鮮丼です。これを食べるために、500km運転しても良いと思える丼ぶりです。  昼間っから焼肉&ラーメン食べて昼寝。そして夜は海鮮。ぐうたらな一日。

76720882_o.jpg



2日目、水位が下がり無事に開催。それでも普段よりは水量が多く濁りもありました。
私たちの間では通称:平茸ポイントに入った。流れの抵抗が少ないアユタイツのメリットはあるが、アユ師はやはり川の歩き方が上手いと感心。

75576547_o.jpg



K氏が本流竿でエサのサンマを丁寧に流していると、ドスン!ときた。80cmオーバーのオスのサケ。私はこのポイントで過去最小のサケをバッハスペシャル24g(スプーン)でキャッチした。正確には測ってませんが、40cmほどです。

78195125_o.jpg



10時過ぎ、本命ポイントであった17番に移動。のぼりたてでフレッシュなサケを狙うためです。Y口氏が到着早々いきなりヒットさせた。写真を撮る時間もないぐらい一瞬でキャッチ。中洲で二股になった流れが合流するポイントを念入りにミノーをドリフトさせると、ゴンッ!と手首に衝撃が走った。直後、尾っぽが水面を叩いた。「これ良いサイズ」と叫んでしまった。しばらくの攻防の末、K氏にランディングしてもらいキャッチできたのは、ぱっと見でオスかメスか判断に困る個体でした。お腹を押したら、イクラではなく白いのが出たのでオスと決定。

78284350_o.jpg



後日、釣ってきたサケを捌くと、身は美しいピンク色。今まで川で釣ったサケでは一番コンディションが良かったです。

78583070_o.jpg



白子はアヒージョ。 

78413292_o.jpg



バターソテーも美味しかったです。

7891_o.jpg



今回の最大は、写真の81cmでワタ抜き4.5kgでした。
10kgには程遠いサイズでしたが、楽しい一日となりました。ご同行いただきました皆さま、村上市の皆さまありがとうございました。


※ 詳しい内容と釣り方やタックルについては、ルアーフィッシング専門のフリーペーパー〝ラストワンキャスト〟の連載ページでご報告いたします。



【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

【インザストリーム オフィシャルページ】
http://www.inthestream.net/

【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream


プロフィール

IN THE STREAM

Author:IN THE STREAM
OWNER : Kawashima



釣果情報、製品案内、日々の他愛無いできごとをお届けします。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR