FC2ブログ

ファイティングベルト今昔物語。 パズデザイン ファイティングパック

90年代、オフショアルアーマンのファイティングベルトといえばUSA製のブレイドが定番だった。
それは単に国産のものが少なく、種類が豊富で入手が容易だったに過ぎない。後に多くの国内メーカーによりファイティングベルトが発売された。その中でも、アングラーズハウスは樹脂や金属に頼らず、軽量でごっつくなり過ぎないように。そして耐久性を求めた上での設計。布製のファイティングベルト〝GTグラパック〟を発売した。古くからオフショアゲームを楽しんでいるアングラーなら懐かしい名前ではないでしょうか。

私もその軽さと丈夫さに魅せられたひとり。シイラのキャスティングゲームや9フィートロッドでのロングジャークジギングなどで活躍した。ファイティングベルトを購入するときに先ず考えることは、「年に何回使うのだろうか。」 夢の魚ばかり追う遠征釣行ばかりのアングラーは極わずか。やはり近海の釣りがメインとなる中で、「本当に必要なのだろうか。」と悩むところ。GTグラパックは、そんなサンデーアングラーが飛びついた。簡単に説明すると、ウエストポーチとファイティングベルトの機能が融合したアイテム。

当店でも長い間、GTグラパックは販売していました。確か、2~3度のマイナーチェンジをし、どんどんと良い商品となっていきました。今では、アングラーズハウスの製品はキャップス社が引き継ぎ、同社のブランド、ストリームトレイルから似た商品が発売されています。それはまたの機会に紹介します。


DSC_5329_edited-1.jpg



前置きが長くなりましたが、今回紹介するのはGTグラパックの機能を調べ上げたパズデザインが一年以上かけて販売にこぎ付けたのが〝ファイティングパック〟です。ウエストバックの上に取り付けられたロッドホルダーの他に、単体でパットタイプのロッドホルダーが付きます。これは、ウエストバッグを後ろにしている時、突然、大物とのファイトが始まった。そんな時にでも前側にもう一個のロッドホルダーがあることにより、安心してファイトができるようにするため。二個もいらないという方は、外してウエストポーチ型のライフジャケットのベルトに取り付けてみてはいかがでしょうか。


ロッドエンドが滑り落ちない形状と材質です。

DSC_5330.jpg

DSC_5333.jpg



パット側も同じ素材で、丈夫に作り上げられてます。

DSC_5331.jpg


写真では軽く添えた感じですが、ファイト時にはもう少し奥に入り込みます。

DSC_5335.jpg



裏面は通気性の良いメッシュを採用。ムレを軽減します。

DSC_5332.jpg


バッグの中には、スマホやショックリーダー、プライヤー、タオルなどすぐに使いたいものを入れておくと便利ではないでしょうか。


参考までに、こちらが廃盤となったGTグラパックです。ずぶんと草臥れていますが、15年ほど前の代物。

DSC_5336.jpg




パズデザイン ファイティングパック
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-612346.html





【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/









プロフィール

IN THE STREAM

Author:IN THE STREAM
OWNER : Kawashima



釣果情報、製品案内、日々の他愛無いできごとをお届けします。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR