fc2ブログ

高水温で悩んだ銭洲、藺灘波島。 カンパチ釣行会


伊豆諸島にある銭洲、藺灘波島、御蔵島へ一泊二日の船中泊で行ってきました。
今回お世話になったのは、沼津港の舵丸さん。港には午前3時前に到着し、船が着岸するのをしばし待ち、4時過ぎの出船。

まずは、銭洲に到着。その昔、ここまでこれば魚がいっぱいに捕れ、"銭"になったことが由来と言われています。
何気なく海面を覗き込むと、大きなメジナの群れが通過していくのが見えます。

DSC_9810.jpg



初日の天候は、台風の影響か曇り時々晴れ。軽いウネリはあるものの比較的穏やかでした。

DSC_9803.jpg


水深は30~60m。ジグは120~200gほどで、皆さん思い思いのタックルでスタートフィッシング。
狙いは大型カンパチと言えども、水深がそこまでないので、ライトタックルでもそれなりに成立します。しかし、根も多く本当に大きなカンパチがヒットしたら、ライトタックルでは秒殺でやられてしまうことでしょう。

銭洲、藺灘波島は初挑戦のN田さん。

DSC_9801.jpg


ちょっぴり眠そうなK藤さん。
早くリールとロッドをセットしてくださいね。

DSC_9807.jpg


右舷はM藤さんと会長。その後ろはクルー。

DSC_9809.jpg


左舷は、ジムシーさん、VAGIさん、ツクケンさんと濃いメンバーが並ぶ。

DSC_9806.jpg



磯ギリギリのところまで攻めます。

DSC_9811.jpg


キャスティングも楽しい。
いつヒラマサが飛び出してきてもおかしくない。

DSC_9817.jpg



銭洲での釣りは、ルール上、7時からお昼までしかできないため、藺灘波島へ移動。
藺灘波島からもう少し走ると八丈島です。昔、ソルティガのCMで使われたことがある無人島、ロケーションは最高です。

DSC_9819.jpg

藺灘波島では水温が29.5度もあり、魚の活性が悪い。悪いどころが、生命感ゼロです・・・。
夕刻、ライストチャンスを求め、御蔵島へ移動。
海鳥はたくさんいるものの、写真を撮りたくなるような獲物はなし。

御蔵島の沖合に陽が沈み、各々晩御飯の準備やシャワーを浴び、初日が疲れと共に終わる。





二日目は、前日、水温が26度だった銭洲に向かった。
幸先よくツクケンさんにキハダがヒット。ジグはオッターテイル140gのアジカラー。

DSC_9826.jpg



キハダを撮影をしていると、舳の梅村氏のロッドが曲がった。慌てて駆け寄り、パシャパシャ。

DSC_9837.jpg



紺碧の海面に浮いてきたのは、

DSC_9841.jpg



立派なハガツオ。
これは美味い魚なので、うらやましい。

DSC_9860.jpg


ハガツオの撮影をしていると、その後ろに居たキャ藤さんの「オッシャー!!!」と言う雄叫びが船上に響いた。
ドラグが唸りラインが横に走る。「デカいキハダか?」

DSC_9867.jpg

数分後、立派な背ビレを持つ軟骨魚類が浮き上がり、危険回避のためリーダーカット。
ビッグファイトでしたが残念。


クーラーボックスの蓋を開けて、ゴソゴソしていたツクケンさん。
あらっ、いつの間にかカンパチを釣っていました。流石です。

DSC_9871.jpg


私はと言いますと、PE6号とショックリーダー200LBで一発大物を狙っていたのですが、サバ1で終わりました。
「大物は狙って捕る」それがモットーですから、仕方ありませんね。


ご同行いただきました皆さま、幹事のVAGIさん、舵丸さん、ありがとうございました。
名古屋から日帰りでも行ける銭洲、藺灘波島は、大型カンパチ、ヒラマサ、キハダが釣れる夢のあるフィールドです。近海ジギングからのステップアップにぴったり。是非、みなさんもチャレンジしてみてください。


舵丸HP
http://kazimaru.net/



【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/



プロフィール

IN THE STREAM

Author:IN THE STREAM
OWNER : Kawashima



釣果情報、製品案内、日々の他愛無いできごとをお届けします。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR