FC2ブログ

2017年 絶海の孤島、青ヶ島ツアー。


GW中、長期間のお休みをいただきましてありがとうございました。
恒例行事となってきました青ヶ島カンパチジギング釣行。スケジュールは4月30日に八丈島に渡り、5月1日に青ヶ島。翌日の2日から5日までの4日間を釣り。6日に羽田空港に戻る予定でした。

18422903_1390763601009389_1970671107420222700_o.jpg



深夜、インザストリームに集合し、新東名高速道路を使い羽田空港へ。
八丈島行きの搭乗ロビーで有名な釣りガールに気が付くも、声をかける勇気は無かった。それ以上に私たちはこれから始まる大型カンパチ釣りに期待を膨らませていた。朝のフライトの1便に乗り込み、八丈島空港へ。そこでも釣りガールは輝いていた。ジギングの巨匠パパ大津留氏の出迎えを受け、エリザベスことママさんの運転でパパズインに到着。

18358699_1390763047676111_3350904905512126678_o.jpg



部屋でたわい無い話をしていると、外から黄色い声が!
「えっ!彼女もパパズインで宿泊?」

パパズインから歩いて行ける底土港。写真右奥が、八丈島と青ヶ島をつなぐ連絡船あおがしま島丸です。
日曜日はあおがしま丸は運休日ですの要注意。

18358628_1390774087675007_3758560147717526962_o.jpg



午後からは八丈島観光。
GWともあり、堤防はムロアジ釣り、イシダイ釣りの人で賑わっていました。堤防際をキラキラと泳いで行くムロアジ。愛知では見ることがない光景に感動。

18320918_1390763017676114_2614575794489716805_o.jpg



20年近く前、初めて八丈島に来た時に泊まったオリエンタルリゾートは、今では廃墟に・・・。
ちょっぴり寂しいですね。

17917621_1390774257674990_2062958752054157794_o.jpg



富士山のような綺麗なコニーデ型をした八丈富士の中腹にあるふれあい牧場では、瞳が可愛いジャージー牛が出迎えてくれた。
ふと振り向くと、あの釣りガールが! これは運命か!?

18403855_1390773924341690_3893999223695117859_o.jpg



現実には、声を掛けて振り向いてくれるのはオッサンだけ。

18358754_1390773974341685_7754330608223147252_o.jpg



空港も港も見れる雄大な景色に、オッサン4人は暫し見とれました。

18359522_1390774221008327_5297460206815927828_o.jpg



八丈島名物と言えば、"明日葉料理"ですが、個人的には浜源さんのカレーハンバーグが一押し。
スキレットで焼かれたハンバーグ生地にカレーが乗り、グツグツ熱々です。

18451476_1390773827675033_1699991818792430617_o.jpg



熱くて美味くてこの表情。VAGIさん、ナイスです。
辛さ控えめなカレーと溶けたチーズにハンバーグ。オコゲも美味い。

18359335_1390773867675029_6198631312329076927_o.jpg



そして、八丈島で忘れてはいけないのが、温泉ですね。
さすがに浴室にカメラを持っていけないので、休憩所で撮影。今回は、町から比較的近い"ふれあいの湯"です。
入泉料が300円とお値打ちで島の方も多く来ています。

18402348_1390774277674988_6378406312984497968_o.jpg



八丈島から青ヶ島は、片道80km。近いようで遠い。
今回は奇跡的にヘリコプターの予約が取れました。
あおがしま丸なら3時間、ヘリなら15分で八丈島から青ヶ島に渡れます。

18404214_1390773777675038_5436825152322419344_o.jpg



ヘリに乗って釣りに行く。
何か海外の釣りみたいでしょ。

18403858_1390763641009385_5378752288217055687_o.jpg



手荷物の重量制限があります。
オーバーすると超過料金をお支払いすることになります。私、払いました!オレンジのカメラケースが重いんです。
ちなみに体重も訊かれますからね。

17966140_1390763667676049_3708299704393868268_o.jpg


ふわりと浮き上がったと思ったら、もう見えてきました。絶海の孤島、青ヶ島
上空から見ても島全周が崖ですね。

18402212_1390773724341710_4035626398193089214_o.jpg



防錆ペイントが施されたパンダレンタカー。
都会だと目立つラットスタイルは、島じゃ当たり前。密かにツアーバンのIN THE STREAM号もラットスタイルを目指していたり。

18358876_1390763131009436_2071866728963399034_o.jpg



集落から港までは20分。
早速、海の状態を見に出かけました。

DSC_1730.jpg

DSC_1737.jpg


港の中でこの波です。
あおがしま丸の着岸は出来るのでしょうか。

18403794_1390771514341931_3717156851075954436_o.jpg



堤防をフラフラしていると、仕事の都合で青ヶ島に来ているS崎さんがやってきた。
もしかして仕事中?ジグをひょいと投げるとカンパチの子供が直ぐにヒットした。さすが青ヶ島!この堤防から10kgオーバーのカンパチが釣れることは珍しい話ではない。私達が島にいる間にも、でかいシマアジがランディングされてました。

 18358915_1390771411008608_7902226806642174649_o.jpg



活火山の島、青ヶ島。
池之沢エリアはカルデラの内側。斜面のあちらこちらで湯けむりが立ち昇っています。

18403760_1390773504341732_7400891269376622852_o.jpg



溶岩ゴツゴツ。
靴底が熱く感じるところもあります。

18358581_1390773457675070_5627505074050848544_o.jpg



水蒸気の噴出する穴を島の言葉では"ひんぎゃ"といいます。
そのひんぎゃへ、大胆にフランクフルトを突っ込むこと数分・・・。

18422222_1390773631008386_1139272550841151579_o.jpg



ひんぎゃのフランクフルト」のできあがり!!
きっと、あおがしま丸の中で販売したら売れるハズ。

あっ。元のフランクフルトは島で唯一の商店、十一屋酒店で購入しました。

18359371_1390773381008411_5248499360644219753_o.jpg



夕暮れ、青ヶ島の焼酎"青酎"の試飲会に行ってきました。
杜氏さんごとに大きく風味が変わりました。個人的には、菊池正さんの青酎と青宝が好みかな。

18404230_1390770984341984_251901495327507728_o.jpg



オオタニワタリの葉についた自然麹から作る青酎。
現在の酒造では珍しい製法だそうです。青酎は飲んだ後、立ち上がれなくなるのでご注意を。足にくるお酒です。
どこかで見かけたら、一度飲んでみてください。いい酒ですよ。

18320916_1390771067675309_2857391795775013659_o.jpg




翌朝、やっとこさ釣り初日です。
船は港にありません。崖の上から空を飛んできます!

DSC_1745.jpg


外洋に面した港のため、常に波があり停泊ができないのです。
クレーン動作中に流れているメロディ。聞き覚えがあるのですが、タイトルが思い出せません。
上げ下ろし作業をしていると、観光客がどこからともなく集まってきます。

18404249_1390763441009405_2189268774690158795_o.jpg



出航すると程なく、強風と速い潮流で思うポイントに入れない。
そして数日前まで冷水海であった青ヶ島に、黒潮が急に挿してきたため水温が5度もアップ。
水深100mでも水深40mでも喰わない・・・。こんな青ヶ島は初めてだ。

18402225_1390770861008663_5762048254357300821_o.jpg


島の西側、黒崎と港を結ぶライン上でしか釣りができない。
船長の話では「冷たいなら、冷たいままの方が釣れる。」、やはり急激な水温変化は厳しい。
初日、まさかの船中一本のカンパチで終了。

DSC_1746_20170512183931860.jpg







2日目、相変わらずの強風と激流です。
黒潮の際は流れが速く、そして複雑。操船も大変そうだ。
前日と変わらぬポイントを攻めるが、魚探に映る反応はパラパラと・・・。

船長は魚探とにらめっこ。

18404132_1390770674342015_8637861679275736779_o.jpg


今回、青ヶ島デビューのM藤さん。
「メダイ名人」と船長に呼ばれ、照れ笑い。

DSC_1758.jpg


18359259_1390768534342229_1153517398030043380_o.jpg



何とか、良型のカンパチをキャッチするも、2日目もまさかの一本のみ。
やはり喰わない日は、何をしても喰わないと痛切に思い知らされた日でした。

18359339_1390768567675559_3977726841472698527_o.jpg




宿では、毎日食べきれないほどの料理が並ぶ。
こちらは島寿司。

18404006_1390770614342021_1834179388344284237_o.jpg



カンパチとメダイのお刺身。
私たちが青ヶ島入りをする10日ほど前にパパ大津留氏が釣った魚だそうです。

18320766_1390768834342199_6497652388010606283_o.jpg


部屋では毎晩、ラインシステムのチェックです。

18359455_1390771211008628_8586280918705871567_o.jpg



潮流が速く、350gのジグで水深70mのボトムを取るのがやっとです。
500g、600gのジグだとボトムタッチができるのですが体力的に厳しく、軽いジグにするとあっという間に根掛りです。
PE8号メインで根掛りすると、ラインが切れず海に引きずり込まれそうになります。

18358722_1390771237675292_2990618896223326814_o.jpg




3日目、潮の向きが変わった。
行ける黒崎沖へ。島からここまで離れたのは、今回では初めて。
瀬が連なる絶好のポイント。

DSC_1753.jpg



ドラマが始まった!
こうでなければ青ヶ島ではない。ジグを入れる、ドーンと誰かのロッドが絞り込まれる。
時折、雨に打たれながらも、ヒットすればそんな事はどうでもいい。

DSC_1770.jpg



VAGIさん。
開発中のジギングロッド。T.KustoM クーダ バギスティックでキャッチ。

18423023_1390763577676058_1407756535963354986_o.jpg


中層からやや上では、時折ヒラマサが遊んでくれる。
キハダマグロも跳ねてましたよ。

DSC_1768.jpg



青ヶ島釣行が4回目となるジムシーさんは、余裕のファイト。

DSC_1774.jpg

DSC_1762_20170512191915fc2.jpg

18422427_1390763511009398_3982408178141094035_o.jpg





ダブルヒットは頻繁にあり、昨日までの沈黙は何だったのだろう。
ポイントか潮か、風なのか・・・。兎に角、バイト数が歴然に違う。

18422903_1390763601009389_1970671107420222700_o_20170512193756472.jpg



VAGIさんが、メダイらしき魚をヒットさせた直後、私のロッドにも小さなバイトが来た。
「メダイだよ、メダイ」と、不覚にも言ってしまった。

突然、ロッドが大きく絞り込まれ、船長に「カンパチだよ。」と言われる。
やはり魚が見える前に魚名を言ってはいけない。

18358574_1390766764342406_3230967161385962079_o.jpg



激闘の末、海面に浮いたカンパチ。
疲労でよくサイズ感が分からなかった。腰痛持ちの船長がランディングを躊躇し、その大きさに気が付いた。
船長の「やったー!!」が耳から離れない。

18358679_1390763541009395_5141931232099011590_o.jpg



民宿の食堂に貼ってある魚拓に近いサイズ。
あれを目標にしていただけに嬉しさが込み上げてきた。

少し内股ですが・・・(笑)

18517924_1396741840411565_3986420948681933129_o.jpg


釣りたい気持ちを押さえ、ジグを回収し、ランディングに協力してくれた皆さまに感謝です。


【TACKLE】
ROD: T.KustoM チャレンジャー インターナショナル56
REEL: ステラ20000PG
LINE: PE8号 + ウルトラインビジブルショックリーダー 200LB
JIG: チャクラデルタ 350g インザストリームカラー
HOOK: ヤマイ 幻4/0

18359298_1390766974342385_456980487024332256_o.jpg



カンパチ3兄弟!
トリプルヒットもあり、この日は青ヶ島らしい釣りができました。

DSC_1784.jpg







釣り最終日、生憎の天気。
霧が出て、船長の出船確認待ち。

18358666_1390766584342424_9070823609980345471_o.jpg



出ました。居住地は雲にすっぽり覆われています。

DSC_1788.jpg



東京が28度と言っているのに、青ヶ島は寒い。小雨に打たれながらのスタートフィッシング。
こんな日は視界が悪くヘリコプターは欠航になってしまいました。

DSC_1787.jpg



ジムシーさんが好調に釣りあげている。カンパチの他にヒラマサも。
しかし、私は不覚にも体調不良。釣り人生で初めて、トイレのない船で○○○をしました。
船長、「このティッシュは高いぞ~。」

その後は船酔いで、ファインダーを覗く気が起きず、あまり写真がありません。

18359120_1390763331009416_5412681398846520451_o.jpg



船酔いから復活。でも顔が白い。
ピーンと伸びた背ビレが可愛いヒレナガカンパチ。青ヶ島では、本カンパチよりも、ヒレナガカンパチが多いです。

18320863_1390766541009095_6479773619149779599_o.jpg



宿に帰ると、僕らのために特別料理が用意されていた。
飼育しているニワトリを一羽つぶしての鶏鍋です。これは本当に美味かったです!追加料金を払っても食べる価値があると思います。鶏そのものが美味い出汁を出し、野菜にうどんに味が染み渡っています。

18320652_1390766411009108_5740961902575765941_o.jpg



モグモグ、パクパク。
雨降りだった割りには、日焼けしてますね。

18422184_1390766281009121_7497199772229005199_o.jpg



青ヶ島へ仕事で来ているS崎さんに誘われ、ローカルエリアへ突入。
船長の奥様、カラオケ熱唱♪ ボトルキープは一升瓶! うん、これが島の最高の娯楽施設だね。

18403918_1390766194342463_8917581849705968934_o.jpg



青ヶ島を離れる日の朝。
天気は最高。

18403923_1390766127675803_944473276118257424_o.jpg


海も最高!
天気が良くないと行くことも帰ることもできない絶海の孤島。それが青ヶ島。

「今日も釣りがしたい。」 
船長とS崎さん、島の方々が見送りに来てくれた。後ろ髪を引かれる思いでヘリコプターへ乗り込む。

18422876_1390766004342482_8717238200426143136_o.jpg



順調に八丈島に戻ると、羽田行きの飛行機に乗れないオチ。翌朝、キャンセル待ちで早朝5時に空港へ。
参加の皆さま、パパさんママさん、八丈交通の皆さま、ご迷惑をお掛けしました。 深く反省。

18401976_1390763871009362_5639040637102245706_o.jpg



青ヶ島には、まだまだ巨大なカンパチが潜んでいるハズです。
今回の経験を活かしまたチャレンジしたいと思います。




<パパズイン>
八丈島在住、パパ大津留氏のペンションです。
http://www.papasinn.com/

<八丈交通>
羽田⇔八丈島のフライトチケットは、ここがおすすめ。
TEL 04996-2-0600







【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/




プロフィール

IN THE STREAM

Author:IN THE STREAM
OWNER : Kawashima



釣果情報、製品案内、日々の他愛無いできごとをお届けします。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR